親が亡くなった時の手続きを札幌市で行う際

親が亡くなった時の手続き


死亡手続き

大切な人が亡くなった時は、悲しみで大変なショック状態になると同時に、無気力状態が続く日が残されたご遺族にふりかかるかと思います。 落ち着くことさえもなく死亡の後に行うべき手続き(葬儀や遺品整理)も多くあり、また義務付けられている手続きもたくさんあります。手続きを忘れたゆえに、もったいない損をしてしまった!など後から気づいても遅いのです。 知識とちょっとした勇気がいるだけでどなたでも簡単に手続きができるのです。

「死亡手続き」 事故や病気、老衰で人が亡くなった場合など、様々な手続が必要になります届出が遅れてしまうと権利を失効させ、思わぬ損を被る事もありますので、そのような事態にならぬよう死亡の手続きは必ず行ってください。

人が亡くなったら、7日以内に「死亡届」を市町村役所に届出提出しなければいけません
死亡の届出を提出しなければ火葬許可が下りず、お葬式も行う事ができません。 テレビニュースなどでも報道されているように、死亡届を提出せず、年金受け取り継続などを行う問題が起こっています、そのような事にならない為にも死亡届は重要な手続きです。

死亡届は、死亡に立ち会った医師に「死亡診断書」を書いて貰い添付しなければいけませんその上で死亡日から7日以内に「死体火(埋)葬許可証交付申請書」と一緒に提出します。 日曜や祝日、夜間でも受け付けています。葬儀社の代行で手続きを行って貰う事もできますので、臨機応変に対応しましょう。

死亡手続きをする際、注意する点
自然死の場合は、すぐに死亡診断書を書いてもらうことが、事故死や自殺・他殺などの変死の場合には、観察医に「死体検案書」の作成依頼が必要となります。
故人様が感染症で亡くなった場合、遺体を自宅に運ぶことができません。
自宅より遠方方面で死亡した場合は 現地で火葬をお願いする事が必要となりますので、現地の市町村役所に死亡届と死体火葬許可証交付申請書を提出し、死体火葬許可証を交付して貰うようにします。

公共機関・公的機関の手続き


手続き 必要書類 手続き場所 期限
死亡届 死亡診断書又は死体検案書 市区町村役場 死亡した日から7日以内
所得税の申告 確定申告書・死亡者の所得税の確定申告書付表 被相続人の住所地の税務所 4ヶ月以内
相続税の申告 相続税の申告書 被相続人の住所地の税務所 10ヶ月以内
相続の放棄 相続放棄陳述書・戸籍謄本 被相続人の住所地の家庭裁判所 3ヶ月以内
世帯主の変更届 国民健康保険証 印鑑等 市区町村役場 死後14日以内
国民健康保険資格喪失届 国民健康保険証 印鑑等 市区町村役場 死後14日以内